戸塚カントリー倶楽部会員様専用予約ダイヤル:045-351-1217

設計者紹介:WEST/井上 誠一
"West Course" Designed by Inoue Seiichi

 

西コースは全長7,261ヤード、「ペンA-1」と「ペンクロス」から成るA・B両グリーンを持つ、井上誠一氏設計のチャンピオンコースです。井上誠一氏はアリソンバンカーで知られるチャールス・H・アリソンに影響を受けてゴルフコースの設計を始め、関わったコースは38コースを数えます。井上氏の設計思想は高度な戦略性と華麗な造形美にあるといわれていますが、華麗な造形美は女性のふくよかな身体のラインが基本にあったとされ、氏の残したスケッチブックには女性の姿を抽象的に描いた数多くのデッサンが残されています。

戸塚カントリー倶楽部西コースは、宮里藍選手が優勝を飾った2005年度の「日本女子オープン競技」の開催コースでもありますが、東南の雄大な緩傾斜面につくられ、自生の松や桜など2万本の樹木に囲まれ、気品あるアンジュレーションに仕上げられています。特にアウト・インのスタートホールからは富士山が遠望でき、難易度は高いものの、女子ショットにはプレーヤーを優しく迎えてくれる寛容さも持ったコースです。 グリーンは前述した2グリーン制で、パッティングクォリティの微妙な違いを味わって頂けます。往年の名ゴルファー、ゲーリー・プレイヤーが来場した折、「戸塚CCのグリーンは世界一だ」と評価したように、常にベストな状態で仕上げられております。

西コース [写真ギャラリー]

設計者:井上 誠一
Designed by Inoue Seiichi
  •